パワーストーンショップ★パワーグッズの形に秘められた神秘のパワー

形状の神秘

パワーグッズの筆頭に挙げられるのが、神社やお寺のお守り・破魔矢・お札でしょうか、やはり。
他にも有名なところでは、だるまや招き猫・七福神の置物・お財布の中に入れておくカエルや
亀の飾りなど様々な物があります。
また、十字架・勾玉・五芒星や六芒星・月や太陽などを使ったアクセサリーも
若い人にはメジャーだと思います。
少々マニアックになってくると、アメリカインディアンのドリームキャッチャー・
エジプトのフォルスの眼・中近東のメドゥサの眼など挙げていけばキリがないほどです。
これらはそれぞれその形状に深い意味を持っているのです。
ここでは、その形に秘められたパワーについての
説明をしてみたいと思います

太陽と月
  どちらも宇宙の神秘的なパワーを感じさせる形状ですが、
  太陽は神=絶対的な力を象徴し、月は母性的な愛情を象徴すると
  云われています。
  太陽は魔除けとして、月は心身のバランスをとるためのシンボルと
  されてきました。
五芒星(ペンタグラム)
  陰陽道ではセーマンと呼ばれ、西洋では五大、
  東洋では五行を象徴するとされます。
  護符として、より強大なパワーを得るためのシンボルとして利用される
  形状であったようです。
  アクセサリーでは、人望を集めることが出来ると云われています。
六芒星(ヘキサグラム)
  西洋では「ダビデの星」と呼ばれ、
  宇宙を表現した厄除けの護符とされてきたようです。
  アクセサリーの場合、人間関係を円滑にするパワーがあると云われています。
三角形
  三角は創造の基本、出発点とされます。
  あらゆる物事の誕生という意味合いから、開運、新しい展開、
  発展などのパワーを持つと云われています。
スカラベ
  古代エジプトの有名な護符で、ふんころがしを象徴化しています。
  フンは丸いので、太陽を表すものとして考えられたようです。
  再生・永遠などを意味すると云われ、アクセサリーとしても人気が高いようです。
ホルスの眼
  エジプトの神話でオシリス神の継承者たるホルス神の眼で、
  生命や守護を意味し、護符として親しまれています。
勾玉(まがたま)
  日本独特の形で、縄文時代からみられ、形の起源は獣の牙を模したという説や
  胎児の形を表現したものと考えられたりしています。
  魔を跳ね返すと云われ、お守り兼アクセサリーとして利用されています。
亀(カメ)
  カメは古代中国では宇宙の縮図、アフリカでも自然を象徴するものとされてきました。
  日本を含め各国で神話や民話にも登場する程人気が高く、財運と長寿のシンボルとして
  親しまれています。
カエル
  カエルは昔から神聖視されることが多く、神の使者として儀式などにも用いられることが
  多かったようです。
  財運・豊饒をもたらすシンボルとして好まれています。
ゾウ
  やはり神聖な動物として説話などに登場することも多く、
  白ゾウは普賢菩薩の乗り物としても知られています。
  またヒンズー教のガネーシャ神はゾウの頭を持ちます。
  ゾウは開運、学術や仕事の成功などをもたらすシンボルとされています。
猫(ネコ)
  ネコはエジプトやペルーなど世界各地で神の使いや精霊などとして神格化されていました。
  またヨーロッパでは魔女の化身と信じられたりしたようです。
  日本では招き猫が有名ですが、右手を挙げているものはお金を呼び、
  左手を挙げているものは人を呼ぶとされています。
  ネコの生態を意味してか、食べることには事欠かない、
  自由奔放なシンボルと云われています。
蛇(ヘビ)
  ヘビは吉兆とされ神聖視される場合と、
  ゾロアスター教などのように悪の象徴とされる場合とがあったようです。
  日本では、自然の神として信仰されることも多く、白蛇は弁財天の使いともされています。
  豊饒、幸運をもたらすシンボルとされることが多いようです。
フクロウ
  フクロウは古代ローマや古代中国では不吉な鳥と捉えられていたようですが、
  古代ギリシャではアテネ女神の鳥として知恵や芸術のシンボルとされてきたようです。
  アメリカ・インディアンは危険を予知する予言者としたことなども手伝ってか、
  現在フクロウは学問成就や知恵を授けるといった象徴とされています。

■パワーストーン&ダウジング館
 トップに戻る■